宅間通信をご覧いただいている皆様へ

 

2010年から始まった宅間ボランティアの会のブログ「宅間通信ー宅間会ー」ですが、ブログの画像データー容量が無料枠いっぱいとなってしまい、これ以上、画像のアップができなくなりました。このため、ブログでの宅間通信は今回で最後となります。

 

宅間ケ谷の情報はFacebookで発信していきます。併せて、担当も変わらせていただきますので、よろしくお願い致します。

 

新しい宅間通信は以下のURLからアクセスお願いします。

「宅間通信  Letters from Takuma Valley」

https://www.facebook.com/takumatsushin/ <https://www.facebook.com/takumatsushin/>

 

今週、宅間川で見かけた花です。

ツルニンジン(蔓人参、別名:ジイソブ、キキョウ科)

 

ホトトギス(杜鵑草、ユリ科)

 

ヒヨドリバナ(鵯花、キク科)

 

カシワバハグマ(柏葉白熊、キク科)に似た花

 

2012年3月から宅間通信の担当となって5年半、宅間ケ谷周辺の植物、約300種類の草木をご紹介してきました。毎年毎年の繰り返しでしたが、おつきあいいただき、ありがとうございました。最後に、これまでご紹介してきた草木の名前をリストにまとめました。ご参考まで。

 

  草木の名
1 アオキ
2 アオシソ
3 アカショウマ
4 アカソ
5 アカツメグサ
6 アカバナユウゲショウ
7 アキノタムラソウ
8 アザミ
9 アジサイ
10 アセビ
11 アマドコロ
12 アメリカホドイモ
13 アヤメ
14 イチョウ
15 イチリンソウ
16 イヌショウマ
17 イヌタデ
18 イヌホオズキ
19 イヌマキ
20 イノコヅチ
21 イノデ
22 ウグイスカグラ
23 ウツギ
24 ウメ
25 ウラシマソウ
26 エゴノキ
27 エノコログサ
28 エビネ
29 オオイヌノフグリ
30 オオキツネノカミソリ
31 オオシマザクラ
32 オオバ
33 オオバギボウシ
34 オオバジャノヒゲ
35 オオハンゲ
36 オオマツユキソウ
37 オカトラノオ
38 オシロイバナ
39 オニタビラコ
40 オニユリ
41 ガガイモ
42 カキ
43 カキドオシ
44 ガクアジサイ
45 カシワバハグマ
46 ガマズミ
47 カラスウリ
48 カラスノエンドウ
49 カラスビシャク
50 カワラナデシコ
51 カンスゲ
52 カンツバキ
53 カントウヨメナ
54 キエビネ
55 キキョウ
56 キショウブ
57 キチジョウソウ
58 キツネノボタン
59 キツネノマゴ
60 キツリフネ
61 キハギ
62 キブシ
63 ギボウシ
64 キランソウ
65 キリガヤザクラ
66 キンシバイ
67 キンミズヒキ
68 キンモクセイ
69 キンラン
70 ギンラン
71 クコ
72 クサギ
73 クサノオウ
74 クズ
75 クリ
76 クリスマスローズ
77 クローバー
78 ケイワタバコ
79 ケヤキ
80 ゲンノショウコ
81 コアカソ
82 コウゾ
83 コウヤボウキ
84 コゴメウツギ
85 コゴメマンネングサ
86 コバノカモメヅル
87 コバンソウ
88 コヒルガオ
89 コムラサキ
90 コモチシダ
91 コモチマンネングサ
92 サクラ
93 サラシナショウマ
94 サルスベリ
95 サンショウ
96 サンリンソウ
97 シダレザクラ
98 シモツケ
99 シャガ
100 ジャケツイバラ
101 ジャノヒゲ
102 シュウカイドウ
103 シュウメイギク
104 シュロ
105 ショウマ
106 シラユキゲシ
107 シロオニタケ
108 シロバナツルハナナス
109 ジンチョウゲ
110 スイカズラ
111 スイセン
112 スイフヨウ 
113 スイレン
114 スカシユリ
115 スギ
116 ススキ
117 スズメウリ
118 スノーフレーク
119 スミレ
120 セイタカアワダチソウ
121 セイヨウニガナ
122 セリ
123 センニンソウ
124 センリョウ
125 ソメイヨシノ
126 タイアザミ
127 ダイコンソウ
128 タイワンホトトギス
129 タカサゴユリ
130 タケニグサ
131 タチツボスミレ
132 タツナミソウ
133 タナマワザクラ
134 タネツケバナ
135 タマアジサイ
136 タマスダレ
137 タマナワザクラ
138 タラノキ
139 タンポポ
140 ツクシ
141 ツクバネウツギ
142 ツタバウンラン
143 ツツジ
144 ツバキ
145 ツユクサ
146 ツリガネスイセン
147 ツリガネニンジン
148 ツリフネソウ
149 ツルオドリコソウ
150 ツルカノコソウ
151 ツルニガクサ
152 ツルニチニチソウ
153 ツルニンジン
154 ツルボ
155 ツワブキ
156 テイカカズラ
157 デショウジョウ
158 トキワツユクサ
159 ドクダミ
160 トサミズキ
161 トチノキ
162 トリカブト
163 ドングリ
164 ナガミヒナゲシ
165 ナツミカン
166 ナノハナ
167 ナルコユリ
168 ナンテン
169 ナンテンハギ
170 ニリンソウ
171 ニワゼキショウ
172 ヌスビトハギ
173 ネコノメソウ
174 ネジバナ
175 ネムノキ
176 ノイバラ
177 ノウゼンカズラ
178 ノギク
179 ノコンギク
180 ノササゲ
181 ノシラン
182 ノハラクサフジ
183 バイモ
184 ハウモクレン
185 ハエドクソウ
186 ハギ
187 ハキダメギク
188 ハクウンボク
189 ハクモクレン
190 ハコネウツギ
191 ハコベ
192 バショウ
193 ハナダイコン
194 ハナタデ
195 ハナトラノオ
196 ハナニラ
197 ハハコグサ
198 バラ
199 ハンゲショウ
200 ハンショウヅル
201 ヒイラギナンテン
202 ヒカゲスミレ
203 ヒガンバナ
204 ヒメオドリコソウ
205 ヒメコウゾ
206 ヒメツルソバ
207 ヒメドコロ
208 ヒメヒオウギスイセン
209 ヒュウガミズキ
210 ビヨウヤナギ
211 ヒヨドリジョウゴ
212 ヒヨドリバナ
213 ヒルガオ
214 ビワ
215 フキ
216 フキノトウ
217 フクジュソウ
218 フジ
219 フタリシズカ
220 フヨウ
221 ヘクソカズラ
222 ペチコートスイセン
223 ベニハナゲンノショウコ
224 ヘビイチゴ
225 ハンゲショウ
226 ホウチャクソウ
227 ホタルカズラ
228 ホタルブクロ
229 ボタンクサギ
230 ホトトギス
231 ママコノシリヌグイ
232 マユミ
233 マルバウツギ
234 マンリョウ
235 ミズタマソウ
236 ミズヒキ
237 ミゾソバ
238 ミチタネツケバナ
239 ミツバアケビ
240 ミツマタ
241 ミヤコワスレ
242 ミョウガ
243 ミラサキニガナ
244 ムカゴ
245 ムクゲ
246 ムシトリナデシコ
247 ムラサキカタバミ
248 ムラサキケマン
249 ムラサキシキブ
250 ムラサキニガナ
251 メマツヨイグサ
252 モクレン
253 モッコウバラ
254 モミジ
255 モミジイチゴ
256 モモイロヒルザキツキミソウ
257 ヤクシソウ
258 ヤツデ
259 ヤブカンゾウ
260 ヤブジラミ
261 ヤブツバキ
262 ヤブハギ
263 ヤブマメ
264 ヤブミョウガ
265 ヤブラン
266 ヤマアジサイ
267 ヤマザクラ
268 ヤマセリ
269 ヤマツツジ
270 ヤマノイモ
271 ヤマハギ
272 ヤマハッカ
273 ヤマブキ
274 ヤマフジ
275 ヤマユリ
276 ユキノシタ
277 ユキヤナギ
278 ユキワリイチゲ
279 ユズ
280 ユリオプスデージー
281 ヨウシュヤマゴボウ
282 ラセイタソウ
283 リンドウ
284 レンギョウ
285 ロウバイ
286 ローズマリー
287 ワルナスビ
288 不明(5件)
293  総計

                 以上

宅間ボランティアの会 担当:渡辺良平でした。

 

10月9日、体育の日。宅間ケ谷も爽やかに晴れ上がりました。のんびり谷戸の散歩もいいですよ!

 

宅間川では、ツリフネソウ(釣船草、ツリフネソウ科)の花が咲いています。

 

ホトトギスの花もいま見頃です。

 

旧華頂宮邸脇の宅間川で咲いているミゾソバ(溝蕎麦、タデ科)

 

衣張山の隣、浅間山でトリカブト(ツクバトリカブト、筑波鳥兜、キンポウゲ科)をみかけました。

 

10月14日(土)、15日(日)は秋の施設公開日、旧華頂宮邸の建物の中が見学できます。

 

 

10月に入りました。4日(水)は中秋の名月(満月は6日)。谷戸周辺では、ススキが十五夜の月を待っているようです。

 

衣張山のススキ(芒、薄、イネ科)

 

浄明寺緑地のススキ

 

宅間川でみかけたイヌタデ(犬蓼、別名:アカマンマ、タデ科)

 

宅間川のスズメウリの実です。

 

秋空の下、旧華頂宮邸を訪れる人も増えてきました。

10月14日(土)、15日(日)10:00〜15:00、旧華頂宮邸の建物が一般公開されます。

 

旧華頂宮邸のキンモクセイ


9月23日は二十四節気の「秋分」、太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ同じ、これからは秋の夜長になっていきます。秋の宅間ケ谷の情景です。

 

宅間ケ谷への入り口、華の橋たもとの石仏とヒガンバナ(彼岸花、ヒガンバナ科)

 

旧華頂宮邸ではキンモクセイ(金木犀、別名:ケイカ-桂花、タンケイ-丹桂、モクセイ科)の香りが一面に漂っています。

 

衣張山ではエノコログサ(狗尾草、別名:ネコジャラシ、イネ科)が風に吹かれていました。

 

衣張山の山道でみかけたハナタデ(花蓼、別名:ヤブタデ、タデ科)

 

平成巡礼道入り口付近で咲くシュウカイドウ(秋海棠、シュウカイドウ科)

 

宅間川でみかけた白い小さな花をつけたスズメウリ(雀瓜、ウリ科)

 

 

17日深夜から18日早朝にかけ、非常に激しい雨と、強風が吹き荒れました。20日はお彼岸の入り、宅間ケ谷のまわりでヒガンバナの花が目につくようになりました。

 

ヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華 マンジュシャゲ、ヒガンバナ科)

 

 

 

道端で咲いていたタマスダレ(玉簾、別名:レインリリー、ゼフィランサス、ヒガンバナ科)

 

浄明寺緑地で見かけたハナトラノオ(花虎の尾、シソ科)

 

巡礼古道の入り口で咲いたホトトギス(杜鵑草、ユリ科)

 

 

宅間ケ谷では、いつの間にかヒグラシの鳴き声にかわって、秋の虫の声が多く聞こえるようになってきました。9月9日は「重陽」の節句、邪気を払い、長寿を願う行事で別名「菊の節句」。今週も、谷戸周辺で見かけた花をご紹介します。

 

巡礼古道で咲いていたツルボ(蔓穂、スルボ、ユリ科)

 

巡礼古道のアキノタムラソウ(秋の田村草、シソ科)

 

宅間川で見かけたコアカソ(小赤麻、イラクサ科)

 

宅間川のイノコヅチ(猪の子槌、ヒユ科)

 

浄明寺緑地にあるパノラマ台で咲いているナンテンハギ(南天萩、マメ科)

 

パノラマ台のキハギ(キハギ、マメ科)

 

 

9月に入り、一気に秋を思わせる涼しい日が続いています。今週は衣張山とパノラマ台でみかけた花をご紹介します。

 

衣張山のクズ(葛、マメ科)、秋の七草の一つです。

 

ガガイモ(ガガ芋、ガガイモ科)

 

コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓、キョウチクトウ科)

 

パノラマ台で見かけた花 ー2017.9.11追記 ナンテンハギ(南天萩、別名:フタバハギ、マメ科ー

 

ヌスビトハギ(盗人萩、マメ科)

 

8月最終週となりました。宅間ケ谷周辺の散歩で、こんな出会いがありました。

 

宅間ケ谷から浄明寺緑地への山道で見かけたツルボ(蔓穂、ユリ科)の花

 

 

浄明寺緑地から逗子のまんだら堂へと続く道の途中で見かけたイボイボのあるキノコ、シロオニタケ(テングタケ科、有毒)

 

巡礼古道の磨崖仏前で咲くヤブラン(藪蘭、ユリ科)

今年8月、東京都心では1日以来20日間連続で雨が降り続き、ここ、鎌倉も同様、夏とは思えないような雨の多い天気が続いています。

今週は、この季節に宅間ケ谷で見られる花をご紹介します。

 

宅間川の上流で咲いているセンニンソウ(仙人草、キンポウゲ科)の花

 

 

ヒヨドリバナ(鵯花、キク科)

 

 

ベニバナゲンノショウコ(紅花現の証拠、フウロソウ科)

 

 

キツネノマゴ(狐の孫、キツネノマゴ科)

 

 

 

ヤマノイモ(山芋、別名:ジネンジョ、ヤマノイモ科)の雄花

 

 

ヒメドコロ(姫野老、別名:エドドコロ、ヤマノイモ科)の雌花

 

 

カラスウリ(烏瓜、ウリ科)の花

 

 

烏瓜の横で咲いていたヘクソカズラ(屁糞葛、アカネ科)の花

 

 

旧華頂宮邸のサルスベリ(百日紅、ミソハギ科)はまだ咲いています。

 

 

 

8月10日、毎年犬懸橋近くにある杉本寺(杉本観音)は暗いうちから人で賑わいます。

この日にお祈りすると、四万六千日分の功徳があると伝えられているそうです。

宅間ケ谷の巡礼古道は、坂東三十三観音霊場第一番札所のここ杉本寺と第二番札所の岩殿寺(逗子市)を結んでいます。

 

 

苔の階段

 

茅葺屋根の本堂

 

 

杉本寺からの眺め(右上が宅間ケ谷方面)

 

宅間ケ谷の報国寺周辺では、サルスベリ(百日紅、ミソハギ科)の花が夏を彩ります。

 

宅間川の石垣で咲いているタカサゴユリ(高砂百合、ユリ科)

 

 

 

宅間川の崖に生えているコモチシダ(子持羊歯、シシガシラ科)

 

 

宅間川で見かけたラセイタソウ(羅背板草、イラクサ科)によく似た草

 

 

ヤブミョウガ(藪茗荷、ツユクサ科)も実が熟してきました。

 

 

宅間川で羽を休めるトンボ

 

早朝の旧華頂宮邸の様子です。