今年で12回目を迎えた鎌倉市主催の「親子景観セミナー」が11月18日に行われました。
今回のセミナーは昨年に引き続き旧華頂宮邸とその周辺の探検ということで、宅間ボランティアの会からも、宅間ヶ谷のガイド役として10名が参加し、周辺の景観、自然、歴史、産業などについて参加者の皆さんへ説明をしました。

昨年は、谷戸の東側「巡礼古道」から鎌倉逗子ハイランドを廻って谷戸へおりてくるコースでしたが、今年は西側の「平成巡礼道」から標高121.4mの衣張山へ登り、鎌倉逗子ハイランドの浄明寺緑地へ抜けるちょっとハードで、昨日の雨ですこしぬかるんだ山道でしたがおよそ2時間で、皆さん元気に旧華頂宮邸へ戻ってきました。

今回、参加者の方々は、衣張山の下にある鎌倉石の石切り場跡、旧華頂宮邸3Fの屋根裏部屋の探検を興味深く楽しまれていたようでした。

<スタート前の主催者ご挨拶>

<歴史ー田楽辻子入り口>
<自然ー保全と開発>
<衣張山への道ー五輪塔>
<産業ー石切り場跡(鎌倉石の切り出し)>
<景観ー衣張山からの眺望>

<浄明寺緑地>
<宅間ヶ谷にある鎌倉石の石垣>
<旧華頂宮邸でのセミナー修了証授与>
<鎌倉ケーブルテレビの取材>
<放送は11月20日(火)17:10〜7デイズデイリーを観てください>


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL