12月21日(水)は冬至、この日は20℃近くまで気温が上がり、暖かな日となりました。

翌22日は強い南風が吹き、新潟県糸魚川市では、強風にあおられて150軒を超す家屋が被害にあう大規模火災が起こりました。

冬は空気が乾燥し、火災が起こりやすい季節です。

ふだんから火の取り扱いには十分注意し、火災予防に心がけましょう。

<参考>住宅防火 命を守る7つのポイント 北播磨消防本部 HPより

 

年の瀬も押し迫ってきました。

今日は旧華頂宮邸や宅間ヶ谷周辺の様子をお伝えします。

旧華頂宮邸の門を入るとカンツバキ(寒椿、ツバキ科)の花が咲いています。

 

庭園ではバラの花も咲いています。

 

宅間ヶ谷を歩いていると、ナンテン(南天、メギ科)が赤い実をつけていました。

 

巡礼古道のヤツデ(八手、別名:天狗の羽団扇、ウコギ科)の花です。

 

7月下旬から一時預かりしていたビク(ビーグル犬)に里親さんが決まり、24日クリスマスイブの日に新しい家族の元へ旅立ちました。

皆様には気にかけていただき、ありがとうございました。

 

冬場は浄明寺緑地のパノラマ台から見る富士山と鎌倉の海の夕焼けが見事です。

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL