2月17日、昨年より3日遅く、気象庁は関東地方に春一番が吹いたと発表しました。

 

今年も、わが家の裏山でフクジュソウとユキワリイチゲの花が顔を出しました。

フクジュソウ(福寿草、別名:長寿草、元日草、キンポウゲ科)

 

ユキワリイチゲ(雪割一華、キンポウゲ科)

 

 

先週の続報を2つ。

その一、玉縄桜。宅間ヶ谷の西側の峰、浅間山と衣張山でも玉縄桜が咲いていました。

浅間山の玉縄桜。

衣張山の玉縄桜。

 

その二、コサギとカルガモ。

カルガモと紹介した黒い鳥、カルガモではなく、正しくは黒っぽいコサギのようです。

滑川、華の橋のたもとで見かけました。

 

こちらは、犬懸橋にて(左下の方の黒っぽい鳥)。

 

旧華頂宮邸の春の施設公開は、4月8日(土)、9日(日)の予定です。

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL