3月5日(日)は二十四節気の一つ、啓蟄。いよいよ春。

池のカエルも顔を出すようになりました。

 

谷戸を散歩していると、あちこちで花が咲き始め、春の息吹を実感できます。

宅間川で見かけたタチツボスミレ(立坪菫、スミレ科)

 

 

報国寺のジンチョウゲ(沈丁花、ジンチョウゲ科)が花を咲かせ、甘い香りが漂ってます。

 

旧華頂宮邸では、ミツマタ(三叉、三椏、ジンチョウゲ科)が花を咲かせ始めました。

 

宅間川で、小さな白い花を見かけました。

タネツケバナ(種漬花、アブラナ科)

 

宅間川沿いでは、モミジイチゴ(紅葉苺、バラ科)も咲いてます。

 

旧華頂宮邸の春の施設公開は、4月8日(土)9日(日)10:00〜16:00の予定です。

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL