やっと満開になったソメイヨシノも15日(土)に吹き荒れた強い風で、花びらが散り、青葉が出てきました。

宅間ケ谷も新緑が鮮やかな季節となりました。

 

モミジ(イロハモミジ、カエデ科)

 

谷戸の周辺を散歩していると、道端のそこかしこに咲いている花が楽しめます。

ムラサキケマン(紫華鬘、ケシ科)

 

 

クサノオウ(草の黄、瘡の黄、ケシ科)

 

 

キツネノボタン(狐の牡丹、キンポウゲ科)

 

サンリンソウ(三輪草、キンポウゲ科)

 

 

ツルカノコソウ(蔓鹿の子草、オミナエシ科)

 

 

 

 

ホタルカズラ(蛍葛、ムラサキ科)

 

ネコノメソウ(猫の眼草、ユキノシタ科)

 

 

 

 

シラユキゲシ(白雪芥子、ケシ科)

 

 

 

ウラシマソウ(浦島草、サトイモ科)

 

 

旧華頂宮邸の和館「無為庵」に植樹したキリガヤザクラ(桐ヶ谷桜)も開花

 

宅間川にやってきたカルガモです

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL