5月5日は二十四節気の一つ「立夏」、今年の大型連休は好天に恵まれ、報国寺は大勢の参拝者で田楽辻子まで行列が伸び、中に入るのに1〜2時間かかったそうです。

 

宅間川沿い旧華頂宮邸の脇道では、フジ(藤、マメ科)が新緑に映えて目を惹きます。

 

 

 

宅間川沿いではハンショウヅル(半鐘蔓、キンポウゲ科、学名Clematis japonica)が見られました。

 

 

 

谷戸の東側にある巡礼古道のタツナミソウ(立浪草、シソ科)です。

 

 

マルバウツギ(丸葉空木、ユキノシタ科)の花も咲き始めました。

 

 

旧華頂宮邸の庭園、クリーム色のモッコウバラ(木香薔薇、バラ科)。

 

 

道端で咲いていた小さな花、ハート型の葉っぱからスミレの仲間と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL