5月も半ばを過ぎ、宅間ケ谷にある旧華頂宮邸では、いよいよ庭園のバラが見ごろになってきました。

また、旧華頂宮邸では6月25日(日)に「洋館で楽しむ午後のサロン・コンサート」が予定されています。これは、鎌倉芸術館施設休館中プロジェクトとして、市内の様々な施設へ出向き芸術や音楽を届ける催しの一つとして企画されたもので、事前申し込み制(有料)となってます。詳細はこちら(鎌倉芸術館HP)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、21日は二十四節気の一つ「小満」。夏のような陽気も加わり、山野の草木が実を付け始める時期とされ、巡礼古道のウグイスカグラ(鶯神楽、スイカズラ科)も実を付けました。

 

 

ヘビイチゴ(蛇苺、バラ科)も赤い実がなりました。

 

 

谷戸を散歩していると、ユキノシタ(雪の下、ユキノシタ科)の特徴的な白い花が目につくようになりました。

 

 

花の色が白から黄色へ変化するスイカズラ(吸葛、別名:金銀花/キンギンカ、スイカズラ科)も谷戸周辺で見られます。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL