2017年6月9日付朝日新聞朝刊神奈川版「鎌倉ぶらり 洋風建築の名品を歩く」に、旧華頂宮邸が取り上げられていました。

この中で以下のように、宅間ボランティアの会についても、紹介されています。

『付近一帯は「宅間ガ谷(たく・ま・が・やつ)」と呼ばれる自然豊かな山間の集落。「美しい自然に溶け込んだ由緒ある建物を守りたかった」と宅間会の流れを受け継ぐ「宅間ボランティアの会」の斎藤俊英さん(75)は振り返る。市の所有となって以降は同会が庭にバラを植えて整備したり、周辺の掃除や草刈りなどしたりしている。』

 

webでの記事はこちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL