先週、夏至の6月21日(水)朝、散歩途中で宅間川の旧華頂宮邸脇の道にヒトの頭くらいの大きさの石が転がっていました。

前夜の雨と強い風の影響で、崖から剥がれ落ちたものと思われます。去年の夏は大きな石が川に落ちてました。

 

 

 

谷戸の宅間川沿いでは、コムラサキ(小紫、クマツヅラ科)の花が咲いています。

 

 

 

 

また、ヒメコウゾ(姫楮、クワ科)はつぶつぶの実をつけていました。

 

 

 

ムラサキニガナ(紫苦菜、キク科)はひょろひょろの茎の先に紫色の花をつけています。

 

 

 

宅間川のハンゲショウ(半夏生、ドクダミ科)の葉が白くなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL