今年の鎌倉は空梅雨気味の気候が続き、暑い日が続いています。

宅間ケ谷の巡礼古道では、その名前が秋の訪れを思い起こさせる花が咲いてました。

アキノタムラソウ(秋の田村草/秋の田紫草、シソ科)

 

 

 

巡礼古道で咲くキンミズヒキ(金水引、バラ科)の黄色の花

 

 

谷戸周辺の道端ではオシロイバナ(白粉花、別名:夕化粧、オシロイバナ科)が咲いています。

 

 

 

宅間川で咲いているセリ(芹、セリ科)の花

 

 

ヤブミョウガ(藪茗荷、ツユクサ科)の花も咲き始めました。

 

巡礼古道入り口のヤブミョウガ

 

宅間ケ谷から浄明寺緑地への山道で見かけたハキダメギク(掃溜菊、キク科)

 

 

田楽辻子の道のヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、ヤマゴボウ科)

 

 

宅間川のモクズガニ(藻屑蟹、いわがに科)、今年もいました。

 

谷戸の道を横切るアオダイショウ(へび科)

 

華の橋のたもとではゴイサギ(さぎ科)が餌をねらっていました。

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL