梅雨が明け、明け方や夕方、ヒグラシ(蜩)のカナカナカナカナカナカナカナ・・・・と鳴く声が谷戸を覆い尽くすようです。

明日から8月、宅間周辺で咲く花をお届けします。

 

巡礼古道では、ヤブラン(藪蘭、ユリ科)の花をあちこちで見かけます。

 

 

 

浄明寺緑地のパノラマ台入り口で、ハエドクソウ(蠅毒草、ハエドクソウ科)が小さな花を咲かせています。

 

 

 

 

浄明寺緑地から少し南へ行ったところのお猿畠の切岸では、崖の上にスカシユリ(透百合、ユリ科)が咲いていました。

 

 

切岸の下では、ツルニガクサ(蔓苦草、シソ科)の花が咲いています。

 

 

 

夏、旧華頂宮邸もひっそりとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL