8月7日は二十四節気の一つ立秋、夕方など散歩していると、以前より太陽の日差しが低くなったように感じられます。

宅間川では、タマアジサイ(玉紫陽花、ユキノシタ科)のツボミが開き、中の花やガクが顔を出しました。

 

 

 

宅間川ではクサギ(臭木、シソ科)の花が咲いています。

 

 

宅間川を上っていくと、シュウカイドウ(秋海棠、シュウカイドウ科)も花を咲かせていました。

 

 

宅間ケ谷の西側、犬懸ケ谷から平成巡礼道を入ったでハエドクソウ(蠅毒草、ハエドクソウ科)をみかけました。

 

 

 

旧華頂宮邸では、いま、ノシラン(熨斗蘭、ユリ科)が咲いています。

 

 

 

 

宅間川でもノシランが咲いています。

 

旧華頂宮邸のサルスベリ(百日紅、猿滑、ミソハギ科)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL