今年8月、東京都心では1日以来20日間連続で雨が降り続き、ここ、鎌倉も同様、夏とは思えないような雨の多い天気が続いています。

今週は、この季節に宅間ケ谷で見られる花をご紹介します。

 

宅間川の上流で咲いているセンニンソウ(仙人草、キンポウゲ科)の花

 

 

ヒヨドリバナ(鵯花、キク科)

 

 

ベニバナゲンノショウコ(紅花現の証拠、フウロソウ科)

 

 

キツネノマゴ(狐の孫、キツネノマゴ科)

 

 

 

ヤマノイモ(山芋、別名:ジネンジョ、ヤマノイモ科)の雄花

 

 

ヒメドコロ(姫野老、別名:エドドコロ、ヤマノイモ科)の雌花

 

 

カラスウリ(烏瓜、ウリ科)の花

 

 

烏瓜の横で咲いていたヘクソカズラ(屁糞葛、アカネ科)の花

 

 

旧華頂宮邸のサルスベリ(百日紅、ミソハギ科)はまだ咲いています。

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL