17日深夜から18日早朝にかけ、非常に激しい雨と、強風が吹き荒れました。20日はお彼岸の入り、宅間ケ谷のまわりでヒガンバナの花が目につくようになりました。

 

ヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華 マンジュシャゲ、ヒガンバナ科)

 

 

 

道端で咲いていたタマスダレ(玉簾、別名:レインリリー、ゼフィランサス、ヒガンバナ科)

 

浄明寺緑地で見かけたハナトラノオ(花虎の尾、シソ科)

 

巡礼古道の入り口で咲いたホトトギス(杜鵑草、ユリ科)

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL